ご挨拶

日本不織布協会 会長 川村 智 日本不織布協会 会長 川村 智

 日本不織布協会(ANNA=All Nippon Nonwovens Association)は、正会員83社、賛助会員101社の合計184社(2020年7月3日現在)の不織布及びその関連産業に携わる企業で構成する団体です。前身の日本不織布工業会と日本不織布振興会を1998年に統合・設立し、2020年で22年目を迎えました。

 

 当協会は、国内不織布産業のさらなる発展を目指し、会員相互の研鑽・親睦・情報交換のための企画や、関係省庁との連携、講演会などを行っています。また、アジア不織布協会(ANFA)の中核組織として、海外不織布団体との関係強化も進めています。

 

 国内不織布産業は、昨今のコロナ禍においては、マスクなどの医療・衛生用不織布の需要が急増する一方で、自動車向けをはじめとする産業用不織布は苦戦を強いられています。

 また、米中貿易摩擦や東京五輪延期の影響もあり、今後も先の見通しづらい状況が続くものと思います。

 

 このような状況ではありますが、会員企業の皆さまと共に知恵を出し合い、いま起きている生活様式や価値観の変化をチャンスととらえ、不織布産業のさらなる発展につなげていきたいと考えています。


2020年7月16日
日本不織布協会
会長 川村 智