正会員企業様専用ページ
※パスワード入力が必要です。

講演会・分科会要旨
研究・試験分析機関情報
統計データ(詳細)
ホーム > 協会からのお知らせ > 8/24(木)衛生・メディカル部会 分科会開催しました

2017.08.29

8/24(木)衛生・メディカル部会 分科会開催しました

8月24日(木)大阪の産創館にて、以下の3講演を70名の参加者を得て
開催しました。今回、3講演とも内容が充実しており聴講者に好評であった。
1)「不織布シートのオンライン検査システム」
株式会社ヒューテック 開発部 システム1課 課長 鈴木昌裕 氏
検査装置の基礎動作、変革、現状のカラー検出装置及び統合品質管理システム、
全録画装置の解説、そして装置を導入する際の検出条件についての説明があった。
理解しやすく、興味を持って聞く事が出来たとの参加者感想が多くあった。

2)「帝人グループの不織布技術概要と商品開発」
帝人フロンティア株式会社 技術統括部 統括課 北脇秀亮 氏
帝人グループ事業紹介、不織布技術概要と商品開発を主体に講演された。
主に不織布に関係する製品に関しての機能・性能について詳細に知ることができ有益であった。

3)「使用済おむつの再資源化」
ユニ・チャーム株式会社 CSR本部  今井茂夫 氏
ユニ・チャームの現況、再資源化のいろいろ、取り組みの背景、現状そして再資源化
技術についての説明があった。おむつの廃棄量は今後益々増加し再資源化技術
は重要性を増してくる。不織布業界全体にとっても重要な課題・技術であることが改め
て認識でき有益な講演であった。

※この分科会の要旨は「正会員企業様専用ページ」に掲載されています